デイトレードだけで生活することは可能か?

僕はもともと中長期の運用スタイルだったんだけど、昨年の秋頃からデイトレーダーに転身することを試み始め、完全にデイトレーダー(自前のシステムを用いたシステムトレード)になったのが2020年3月末頃からだ。
 
 
つまり、それまではデイトレード用のシステム作成の試行錯誤を繰り返していたため、中長期で運用していた資金も残っていたのでコロナショックの影響も受けて最大で1300万円ほどのロスカットをしてしまった。
しかしそれと引き換えに、暴落にも耐えられるデイトレードのシステムを完成させることが出来たのは不幸中の幸いと思うことにする。
 
 

デイトレードは分が悪いという理由で中長期の運用をしていたんだけど、その理由は手数料だ。

 
例えば、僕の運用資金のボリュームだと手数料が約42万円/年、信用金利が約46万円/年の合計88万円くらいかかってしまう(デイトレは現物より信用取引の方が断然有利)からだ。
 
 
 
これが中長期運用よりもデイトレーダーが不利な理由だと考えていたんだけど、楽天証券のいちにち信用を使うと手数料が0円になるし、しかも約定代金100万円以上なら金利も貸株料も0%ということで僕が考えていたデイトレーダーの不利な理由がなくなってしまった。それどころか、持ち越しをしないデイトレードの方が安心だというメリットも出てきた。
 
 
そこで、だったらデイトレードで勝ち続けるための作戦を考えよう!ということになり、色んな手法の検証をした結果、今の運用しているシステムAとそれの改良版システムBが完成した。
 
 
因みにこの二つのシステムはコロナショックで大暴落した3月においても、月間損益はプラス(検証上)で終えている。しかし僕が全資金をデイトレードで運用し始めたのは4月1日からなので、
 
 
 
現時点での収支は6月1日時点で-11,159,243円という悲惨な状況なんだけど、
4月1日~本日6月1日までの収支は+2,587,960円だ。
 
 
 
今年中に全額回収できるかどうかは僕も解らないので(回収する自信はあるが)、気になる方はこのブログを見ていてくれればいずれ結果は出るだろう。
 
 
さて、今日は僕の運用しているシステムの特徴を少しだけお話ししておくことにする。先ず、百聞は一見に如かず、4/1以降の運用成績をグラフで表示してみたので見てもらいたい。
 
■システムA

システムB

ベンチマーク 持ちっぱなし (保有し続けていた場合の損益の推移)

 
 
 
 
少し補足で説明すると、これは利益の金額ではなく何円抜いたかという表示にしているので、例えば100円の1000株なら10万円というふうに考えてもらえれば良い。
 
 

理想はベンチマークを上回るシステムを作り上げることなんだけど、僕はそれだけではなくやはり暴落時や下げトレンドでも逆行して利益を出し続けることが出来るデイトレードシステムを目指している。

 
 
ぱっと見はシステムBの方が断然良いようにも見えると思うが、それでも僕が今現在はシステムAを使っている理由は勝率がめちゃくちゃ高くて収益が安定しているからだ。
 
 
 
ざっくりと言えば、システムAの勝率は約75%、システムBの勝率は約50%となっている。
 

今はベンチマーク自体が上昇しているんだから勝って当たり前。

 

寧ろ今の段階では持ちっぱなしの方が良かった状況だ。
それでも僕が中長期のスタイルに戻さずにデイトレードのままやっていく理由は、ズバリ、デイトレードはどんな相場でも安定して稼げるし、この先、何年でも稼ぎ続けることが可能だと判断したからだ。
 

デイトレードだけで生活することは可能か

 
実は僕が昨年の秋頃に自問自答していたことなんだけど、その答えは、キチンとしたルール作りをすれば可能だとの判断に至った。
 
 
 
キチンとしたルール作りというのは、要は気分次第でエントリーしたり利確やロスカットをするのではなく、いつも同じ条件でエントリーをして、同じ条件で利確やロスカットをするようにすれば後は確率論だ。
 
 
 
デイトレードで食っていけると言われると、特に素人のトレーダーは勝率100%と勘違いしてしまうだろうが、そうではない。
 
 
今の僕が使っているシステムのように勝率が75%で小さな利益を積み重ねるものもあれば、システムBのように勝率は50%しかないが、大きく稼いで小さくロスカットをするという手法のものもある。
 
 
 
これは好みの問題もあるのでどういうシステムでなければならないというのはないが、最低でも過去のデータ検証で利益が出ていない手法は使うべきではない。
 
 
 
今、コロナの影響でにわかに株式投資を始める人が増えたと聞くが、デイトレーダーを目指している人が参考になるよう、僕の日々の結果(デイトレードだけで生活が出来るかどうか)や、考え方、手法等をお話ししていくのでお楽しみに!
 
 
 
但し、僕の場合は株式投資だけではなくビットコイン等の暗号通貨もやるし、太陽光発電事業もしているし会社も経営しているのでデイトレードだけで生活というわけではないが、今年は既に1300万円くらい損切りをしているからそれが回収できるかどうかでデイトレーダーは食べて行くことが出来るかどうかの判断にしてもらったらいいと思う。
 
 
 

本日の結果 +220,000

 
 
 

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ndustry4.0に非常に興味を持ち、フィンテックからアプローチしています。本業は会社経営、投資家、太陽光発電事業等多岐にわたります。