ZOZOTOWNの前澤社長に学ぶ効果的なお金の使い方

ZOZOTOWNの前澤社長が企画した「総額1億円のお年玉」に関して、色んな番組でも話題となっているようだけど、当選者発表がされてからその選考方法?がこれまた話題に。

 

知らない人は殆どいないと思うが、内容は前澤氏のTwitterをフォローし、当該記事をリツイートするだけで、100人に100万円を現金でプレゼントするというもの。その結果、約550万件のリツイートを達成したそうだ。

 

見事当選した方たちには共通点があったらしく、前澤社長に夢をアピールした人たちだったという。ほー!最初から狙っていたのかどうかは解らないけど、正直、素晴らしい結果になったなーと思った。

 

前澤社長からすれば、お金はあるけど時間が無い。

 

その一方で、当選した応募者たちには、時間と情熱はあるけどお金がない。今回は前澤社長の方から手を差し伸べた形となったが、これはとっても合理的なお金の使い方だと僕は思う。逆に結果発表があってから約30万人ものフォロワーが解除したらしいんだけど、そんな人にはお金が回ってくるわけないよね。

 

ハッキリ言って、多くの人は自らそうやってお金に嫌われることをしていると僕は思う。

 

本当にリツイートするべき内容は、「フォローしてリツイートするだけで100人に100万円を現金でプレゼントするという企画」よりはむしろ、その選考結果によって100人の夢をかなえることが出来たこと、或いは100の社会貢献に繋がったことなんじゃないかな。

 

そうやって、個(自分自身のことだけ)で考えるのではなく、輪(例えば、家族、友人、会社、町というよに、自分の所属する組織)の利益を考えるようになれば、お金も人も集まってくるもんだ。

 

まぁ、前澤社長もいちいち全部のリツイートなんか見れないだろうけど、そうやって自分は落選したけど、こうんな考えがあったんだねーみたいな賛同するリツイートをしているのを目にすることがあれば、第二弾、第三弾、或いは何か別のプロジェクトをする時なんかの候補にもなるだろうし、それを見た他の人たち(第三者)があなたのことをとても素晴らしい人だと思うかもしれない。

 

世の中の仕組みというのは、こんな感じで色んなことが影響し合っているもんだ。

 

誰も見ていなければゴミをポイ捨てする人もいれば、誰も見ていなくてもポイ捨てされたゴミを拾ってゴミ箱に捨てる人もいる。その小さな積み重ねの差だよ、人生ってのは。

 

話は戻るが、白い巨塔というドラマで財前先生が里見先生に残した最後の言葉に、「能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある」という一節がある。

 

今回、前澤社長は夢をかなえる為に当選者を選んだわけだから、良いお金の使い方をしたんじゃないかな。僕は、この件に関しては前澤社長を素晴らしいと思う。

 

因みに、第二弾をするとしたらという4択のアンケートを実施ところ、合計180万超の投票があり、1名に1億円が11%、10名に1000万円が6%、100名に100万円が29%、1000名に10万円が54%という結果になったらしい。

 

正直、残念な回答なんだけど、僕がなぜ残念な回答だと言ってるのかに気が付いた人は、前澤氏から100万円貰わなくても自分でそのくらい簡単に稼げるようになるはずだ。

 

解らなかった人はこれから僕の記事で学んでもらって、自分でそのくらいは稼げるようになって頂きたい。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ndustry4.0に非常に興味を持ち、フィンテックからアプローチしています。本業は会社経営、投資家、太陽光発電事業等多岐にわたります。