あるFXトレーダーの衝撃的な答え

数年前、ある飲み会の集まりで一人のFXトレーダーと出会ったんだけど、その時の彼の話が今の僕のトレード手法にも役立っているというお話をしようと思う。
 
 
当時の僕はデイトレードは分が悪いと考えていただけではなく、FX(外国為替証拠金取引)は客側が負ける仕組みになっていると思っていたんだけど、そのFXで勝っているという人だった。
 
そこで僕は、
 
 
 
 
どんな指標を使っているんだ?
 
 
 
 
と尋ねたところ、彼は、
 
 
 
 
 
 
指標は一切使っていないよ。
 
 
 
当時、と言うか今でもそうなんだろうけど、多くのトレーダーはトレンド系かオシレーター系かの差はあるものの、何かしら自分の好きなテクニカル分析を行っていると思う。
 
例えば最もポピュラーなものだと、トレンド系は移動平均線か一目均衡表で、オシレーター系だとMACD辺りかな。
 
僕は彼が何か隠しているのかと疑って、
 
 
 
 
指標を一切使わずにどうやって取引しているんだ?
 
 
 
 
 
 
 
 
指標が出てからでは遅いんだ
 
 
 
 

ハッキリ言って衝撃的な答えだった。

 
何故なら1分1秒を争うFXのトレードをしなくちゃいけないのに、確かに指標が出てからでは遅いんだという彼の言うことはとても理にかなっていたからだ。
 
そして彼は、但し、絶対に何も使わないことはない。ある程度のマーケットの流れを見る為に単純移動平均性だけは参考程度にするんだとも言っていた。
 

その日以来、移動平均線以外の指標を全て消すことになった。


指標が出てからでは遅い。
 
これは当時の僕にとって、次元の違う世界のトレーダーの言葉のような気がした。
それから数年経った今、僕はデイトレーダーへと転身してシステムトレードをしているんだけど、そのシステムの設計をする際にも、彼の「指標が出てからでは遅いんだ」という言葉が僕のシステムの核にもなっている。
 

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ndustry4.0に非常に興味を持ち、フィンテックからアプローチしています。本業は会社経営、投資家、太陽光発電事業等多岐にわたります。