デイトレーダーにとって株価なんかどうでも良く、ただ動きさえすれば良い。

僕は基本的に色んなことを先延ばしにするのが大嫌いだし、そういう人と一緒に仕事をするのは超嫌いだ。
 
 
それだけではなく、前倒しして当たり前とさえ思っているもんだから、以前はよく社員にもそういう指導をしていた。
 
 
一時、林修先生の「今でしょ!」という台詞が流行ったが、僕からすれば台詞だけが独り歩きしている感じで、実際に「今でしょ!」を実行している人は殆どいなかった。
 
 

株式投資、特にデイトレーダーというのは負けが込むと熱くなりがちだ。

 
特にロスカットを入れた直後に株価は反転して、みるみるうちに上がり始めるといてもたってもいられなくなるものだ。
 
 
実は僕も今のシステムを完成させる以前、昨年の秋から年末頃にかけて、まだデイトレーダーに転身しようと色々試行錯誤を繰り返していたときのことなんだけど、その頃はやはり、今日の負けは今日のうちに取り返しておきたいという気持ちがあせって、バンバン取引を繰り返していたものだ。
 
 
実際、これまでの1日の最高取引金額は1億1900万円もやってしまった。
 
 
しかし、そういう状況で焦ってトレードを続けたとしても、決していい結果にはならない。
 
 
むしろ、更に傷口を広げた時の精神的ダメージは相当なものだ。だけど、そういう時こそ我慢するという忍耐が必要だ。
 

株式投資で勝ち続ける為には、エントリーする勇気だけではなく、我慢するという忍耐も必要だ。

 
最初に僕は超せっかちだと言ったけど、僕のデイトレーダーとしての弱点だった一つは、この忍耐という部分だったと思う。
 
 
 
それを克服する為に色々なことをやってみた。
 
 
例えばエントリーが終わったら楽天証券のマーケットスピード2を終了して株価を見ないようにするとかね。
 
 
 
だけど、iPhoneとかでちょっとだけ見ちゃうよね。
 
 
 
 
 
エントリーが終わった後も株価が気になって見てしまうというのは正直今でもあるんだけど、だけど今の僕は、システム以外のエントリーは絶対にやらない。
 
 

例えどんなに株価が僕の想定していた方向に動き続けたとしてもだ。
 
 
実際、今日は±0円の引き分けで終わったんだけど、そのあと株価は少しして当初予定していた利確ポイントを一気に突き抜けてしまい、更に今もなお上昇し続けているのを見ているんだけど、気持ち的には どうにでも好きにやってくれって感じだ。
 
 

そこで今日は、超せっかちな僕がどうしてこんなに忍耐が強くなったのかという秘訣を少しお伝えしようと思う。

 

先ず1つは、完全にシステムトレードを開始したことで、僕の感情や考えなんかは一切トレードに影響を及ぼさなくなった。

つまり、これが自分が決めたルールを毎回同じ条件で繰り返し、パフォーマンスを安定させるということにつながる。

 

そしてもう一つ、これは考え方なんだけど、マーケットは明日も開いているということだ。

 

別に自分のシステム(戦法)に合わない日に無理に勝負する必要はなく、自分の得意な値動きをしている時に勝負をすれば良い。

 

そもそもロスカットが発生したり、±0円で終わったりするというのは、マーケットが僕の戦法に合っていないからだ。
 
これもマーケットの魔術師に書いてあったことなんだけど、

 

マーケットで勝つには、優位性を活かすことが大事だと記されていた。

 
だから僕は自分が優位ではないと感じれば(判断するのはシステムだが)、無理にその日に勝負はしない。
 

ボクシングとか格闘技に例えると、要は自分の得意な間合いでしか闘わないということだ。

 
そしてこれはデイトレーダーにのみ通じる言葉なんだけど、デイトレーダーにとって株価なんかどうでも良いわけだ。それに企業の業績なんかも一切関係ないし、割安だの割高などというのも関係ない。

 

株価と言うのはただ動きさえすれば良いものだ。

 

だから僕にとってのデイトレードのリスクというのは、自分の扱っている銘柄が上場廃止になったり或いは株価が3倍くらいまで跳ね上がって僕の資金では扱えない状態になったりとか、そういうことが僕にとっての一番のリスクだ。

 

仮にロスカット入れても株価がそれ以下に下がれば全然上出来と思う。例えロスカット金額が100万円だったとしても。

 
何故ならマーケットは明日も開いているからだ。但し、この考え方には一つ条件があって、それは「こういう相場なら絶対に勝つ自信がある」という得意技を持っていることだ。
 

だから僕はその瞬間が来るまで忍耐強く待つ。

 
そしてその瞬間がくれば即エントリーしたりロスカットや利確をしたりする、一瞬の迷いも入れずに。
 
 
デイトレーダーの初心者は、今日お話ししたような一瞬の迷いのない判断をする勇気と、その時がくるまでじっと我慢する忍耐の二つを鍛えることをすれば、勝率は一気に跳ね上がるはずだ。
 
 
僕の場合は、そうだったからね。
 

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ndustry4.0に非常に興味を持ち、フィンテックからアプローチしています。本業は会社経営、投資家、太陽光発電事業等多岐にわたります。