トレードはラッキーの積み重ねなのだ

 
今日は久し振りに長い一日だった。と言うのは、僕が使っているシステムのエントリー中の平均時間は1トレードあたりおおよそ15~20分だ。
 
 
長くても30分くらいだし、早ければ2分程度なんてこともある。もちろん、その2分で30~40万くらい負けることもあるし、その逆もしかりだ。
 
それが、今日は利確もロスカットも発動せずに前場のエントリーにも関わらず後場まで持ち越してしまった。
 
 

そうなると、僕的にはもう勝てる気がしなくなる。

 
 
何故なら、僕のシステムの特性上、含み益が乗ってるうちにさっさと利確する仕様になっているんだけど、今日は元々38万円くらいあった含み益が一時は-15万円の含み損まで転落した時もあった。
 
 
 

それでもシステムはまだまだ上目線の動きを示していた。

 
これは前にシステムトレードのデメリットでもお話ししたんだけど、精算したくてもサインが出ない限りはホールドされ続けるんで、気持ち的にはただ負けるのを待つのみというまな板の上の鯉状態だった。
 
 
 
 
理由は僕自身、今日の相場は弱いという見立てだったものだから、最悪ロスカットか大引け不成のちょい負けかしかイメージが沸かなかった。
 
 
 
 
こういう時、システムトレードは本当に辛いものだ。
 
 
 
 
 
しかし、そんな僕の見立てとは裏腹に、後場に入ってじわじわと値を切り上げ始めたかと思うと約30分で利確ポイントに到達。
 
 
 
 
 
 
お客様、只今約定しました!
 
 
 
 
 
という気持ち良い音声とともにエントリーが終了した。
 
 
因みにそのあと株価は僕の利確ポイントからたったの1円だけ上に付けただけで一気に崩れてしまい、今、この記事を書いている時点の株価では、さっきまであった利益を全部消してしまうほど下落している。
 
 

これは僕のシステムがピンポイントで利確ポイントを掴んだのではなく、ただのラッキーだ。

 
 
つまり、トレードなんかはラッキーの積み重ねなのだ。
 
 
実際、どこが底か、どこが天井かをビタっと予想出来る人は誰もいないし、それ以前に上がるか下がるかの予想すら難しい。
 
 
それでも、トレーダーというのは勝ち続けなくてはならない。
 
 
勝ち続けると言っても、これも何度も言ってることだが勝率100%でなければならないというのではなく、1ヶ月通して、或いは1年通して、更には生涯でという長いスパンで勝ち続けるとういことだ。
 
 
だから目先1回、2回の負けを気にしていては話にならないんだけど、だからと言って適当にエントリーしていたのでは勝ち続ける可能性はぐんと下がってしまう。
 
 
まさに今日の僕のトレードがそうなんだけど、僕は今の株価が上がるか下がるかを予想しているわけではなく、過去のデータを分析した統計結果から確率の高い方に買い売りをベットし続けているだけだ。
 
 
厳密には、僕の主観的見解が日々のトレードに入らないよう、その手法をシステムにして常に同じ条件でエントリーしたり利確したりロスカットをするという風にしている。
 
 
これがどういう効果をもたらすのかと言うと
 
 

ラッキーがラッキーではなく必然的なものになることだ。

 
 
 
但し、何もスピリチュアル的なことを言ってるのではない、あくまで確率通りにエントリーをして確率通りのポイントで利確し、確率通りのポイントでロスカットをする、これを同じ条件で繰り返し続ければ、それは運やラッキーなどではなく全て計算通りの結果になるということだ。
 
 
 
だから、僕はチャートは一切分析しないし訳の解らんごちゃごちゃした線も引かない。チャートは見るけどね、利確ポイントやロスカットポイントの心の準備をするためだけに。
 
 
 
だからと言って、チャートなんか見るなと言いたいわけではなく、僕のシステムはチャート分析をしたものではないんで、僕にはチャートが必要ないというのは理にかなっているということだ。
 
 
 
逆にチャート分析をメインにしているトレーダーなら、何があっても自分の分析通りチャートに従うべきだ。
 
 
 
 
 
しかし、多くのデイトレーダーはチャート分析をしながらニュースに振り回されたりもしているように見える。
 

僕はニュースも一切気にしない。

 
 
何故なら、僕の過去の分析にはニュースやダウ時間外先物等の色んなものが全て織り込まれた結果を分析しているものだからだ。
 
 
だからチャーチストならチャート一本でトレードをするというのが最も理にかなっている。
 

デイトレーダーは、ハッキリ言って日々、苦悩の連続だ。

 
 
僕は以前そうだったし、今でも毎日、このロジックは明日以降の相場にも果たして効果的なのだろうかと気になったりもする。
 
 
或いは、デイトレ初心者さんなんかは、自分の手法を確立しようと日々のトレードを反省したり、或いはネットで色んな手法を学ぼうと情報を集めている人も沢山いるだろう。
 
 

そこで特に僕が一番伝えたいことは、最も理にかなったことをする事。

 
 
 
僕の場合は、いかに自分がシステムとは違う見解だったとして、そして更に実際に株価はそう動いたとしても僕はシステム通りにやる。
 
 
 
何故なら、たった1回2回の例外を作って小さな利益を得るよりも、これから何万回とするトレードのパフォーマンスを一定に保つ方がとても大事だからだ。
 

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中