デイトレは運が良いだけで勝ち続けることは出来ないし、運が悪いというだけで大負けすることもない。

今日は珍しくエントリー中に記事を書いているんだけど、僕はシステムトレードなんで、よほどのことが無い限り僕が何かするという必要はないし、判断を迫られる必要もない。
 
じゃあなんで今、楽天証券のマーケットスピード2を開いてずっと見ているのかというと、ロスカットラインにきたときには確実にロスカットを入れる為だ。
 
 
もちろん、そうではなくて利確になることを願ってはいるが、こればかりは僕がどうこうしたって結果は変わらない。例えばメガホンもって「上がれ!上がれ!」と応援したところで株価はそれに反応しないしね、当たり前だけど。
 
 
だから僕はトレードはシステムに任せて、万が一のことが起こった場合に対応するだけだ。
 
 
しかし、今日は意外と長いエントリーになってしまったので、少し、裁量トレードをしていた時のことを思い出した。
 
 

トレーダーは自分のポジションに有利な材料を探しがちだということだ。

 

例えば買いポジションを取っていれば、株価が上がる材料だけを探し出す。

 
時間外ダウがしっかりだ、為替が強い、こんなニュースが出た、或いはチャートに訳の解らん線を引きまくって、ここが転換点だのなんだのとこれまた自分に都合の良いシナリオを思い描いて自己暗示をかけてしまう。
 
 
その結果、もちろんうまくいくこともあるが、大抵の場合はロスカットが遅れてしまう。
 
 
だって、そういう自己暗示をかけようとする行動は、自分のポジションにとって株価が不利に動けば動くほど強く念じるものだからだ。
 
 
僕は自分がトレードがヘタだと気が付いたのは、僕はそうだったと自覚したからだ。だから上がりそうとか下がりそうとか勝手に思い込んでしまうのだ。
 
 
実際、システムトレードをしている今でも、今日はイケるな、余裕だろ!と思っていたらあっけなく負けてしまうこともあるし、今日はなんだか地合いが悪そうだし、やりたくないなーなんて思っていたらパッと利確できたりもする。
 
 
トレーダーなら、よく、買ったとたんにいきなり下げられたり、或いは売ったとたんに急上昇された、なんて経験はあるだろう。それも一度や二度なんてもんじゃないはずだ。
 
 

やはり人間というのは痛いことをよく覚えている。

 
だからそういうのを数回経験すると、自信がなくなってしまう。買ったら下がり、売ったら上がるなんてことが続いたら、次からエントリーするのが怖くなる。
 
 
 
これも裁量でやってるトレーダーの特有ではなく、システムトレードをしている僕だって同じだ。もしかしたら、これまでの作戦が利かなくなってきているんじゃないかって不安になったりすることもある。
 
 
 
 
だけど僕はシステム通りにエントリーし続けるし、システム通りに利確するまでホールドするプレッシャーにも耐えるし、ロスカットラインに到達すればスパッとロスカットもキメる。
 
 
 
 
そして仮に次のエントリーポイントがロスカットをした時よりも上がっていたとして、それでも僕はシステム通り躊躇なく再エントリーもする。
 
 
 
何故なら、ブライアン・ゲルバーの言葉を借りれば
 
 
私は損を恐れない。
トレーダーが損を恐れ始めたら、それで終わりだ。
 
 

だから僕は、何度やられても自分のトレード(システム)が正しいと思う限り、何度でもエントリーする。

 
これもマーケットの魔術師の中で、マーク・ミネルヴィニのこんなインタビューから学んだ。
 
 
Q 一度ポジションを切った同じ株を、損切りしたときより高い価格で買い直すということは、心理的に非常に難しいように思われますが。
 
 
 
A ええ、損を上塗りすることにもなりかねないわけですから。もしそうなってしまったら、あなたなら三回目に挑戦できますか?僕ならそのトレードが正しいと考える限り、何回でもできますよ。
 
 
 
多くのトレーダーは投資資金が無くなったという理由で投資の世界から退場していくんだろうけど、僕がこの世界を引退するのは、損が怖くなった時だと決めている。
 
 
 
この世界は、そういうところだと僕は思う。
 
 
そしてプレッシャーに打ち勝って利確をキメた時は、正直、凄くアドレナリンが出るのも解る、例え10万円の利益だったとしてもね。
 
 
何故なら、僕は誰でも簡単に出来ることには興味がない。誰も出来ないことをやるからこそ、目立つしカッコイイと思っている。
 
 
 
特にデイトレは力技で勝つものなんで、運が良いだけで勝ち続けることは出来ないし、運が悪いというだけで大負けすることもない。
 
 
簡単に言えば自分のアイデアと度胸で勝負が決まる世界だ。
 
 
 
もう一つ、これはボクシング元世界バンダム級チャンピオンの辰吉丈一郎さんの言葉だが、
 
 
 
 
人間一生の中で人生かけられるの、1つあったら十分なんちゃう?
人に1個でいいねん欲しいもん、快楽はいらん天下だけ、
チャンピオンになればいい、あとはもう何もいらん。
 
 
僕は辰吉丈一郎さんより2つ年下だけど、辰吉さんと僕の差を2年で簡単に埋まるほどのものではない。
 
 
僕はいつもマーケットの魔術師に出てくる世界のトップトレーダーの話ばかりをしているが、株式投資の世界だけに限らず、頂点まで上り詰めた人というのは、みな、ストイックさが異常なくらい凄いものだ。
 
 
 
僕がまだ今のレベルでちょろちょろトレードしている理由がよく解る。マーケットの魔術師に掲載されたトレーダーたちや辰吉丈一郎さんしかり、僕はまだまだそのレベルに全然達していない。まだまだだ。
 
 
トレードをしていて恐怖を感じたら、是非、参考にしてみて欲しい。
 

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中