デイトレーダーに転身して良かったこと、悪かったこと。

僕は元々、中長期で運用するタイプだったんだけど、今は、デイトレーダーをやっている。デイトレーダーになって良かったこととか悪かったことを色々お話ししてみようと思う。
 

デイトレーダーに転身して良かったこと

 
デイトレーダーに転身して良かったこと
1. 15時で必ず仕事が終わるし、早ければ午前中に仕事が終わる。
2. いつでも好きな時に出金出来る。
3. ニュースや地政学的リスクとかを一切気にしなくなった。
4. 大引け後の海外市場の様子をあまり気にしなくなった。
5. 収益率が大分上がった。
 
少し補足すると、
 
2. いつでも好きな時に出金出来る
 
というのは、デイトレは基本的に毎日精算しているから、今は売りたくない株ばかりで現金化できないとか、そういうことを考えなくても良いということだ。
 
 
この間も住民税が50万円くらいきてて、ちょっとびっくりしたんだけど、証券会社からすぐ出金して1年分まとめて支払ったり、その程度なら好きな時にすぐに出金出来るようになったんで資金繰りは楽になった。
 
 
次に
 
3.ニュースや地政学的リスクとかを一切気にしなくなった。
4.大引け後の海外市場の様子をあまり気にしなくなった。
 
 
僕はシステムを使ったデイトレをしているんで、ポジティブニュースだろうがネガティブニュースだろうが、そういうものを理由にエントリーポイントや利確、ロスカットポイントを変更することはない。何故なら、システムトレードというのはあくまで株価で判断するものだからだ。
 
 
 
少しだけ詳しく説明すると、システムトレードというのは大雑把に言えば過去のデータを分析して確率が高い方にベットする方法なんだけど、その過去のデータというのもまた、良いニュースや悪いニュースの影響を受けて株価は動いたりもしているものだ。
 
 
 
だからシステムトレードというのは、そういうニュースの影響を受けてきたデータを分析しているわけだから、すぐに株価に反映されるものとして扱っているのでニュースの内容はどうでも良いというわけだ。
 
 
 
但し、大引け後の海外市場が大きく上昇したり或いは大きく下落したりなんかすると、翌日のトレードにどう影響が出るのかと少しは気になる。だけど、持ち越していることに比べれば、全然気にならないといった程度だ。
 
 
 
5.の収益率が上がった
 
これはあくまで今日までの成績での話だが、中長期運用していたころは何年もかけて400万円くらいしか利益を出せてなかったのが、この4月から7月3日までのほんの3ヶ月程度で同じくらいの利益をだすことが出てきているわけだから、たまたま、良い方に偏っただけだったとしてもかなり収益率が改善されていると思う。
 
 

逆にデイトレーダーに転身して悪かったこと

 
デイトレーダーに転身して悪かったこと
6. エントリー中のプレッシャーは中長期運用していたころに比べると、かなり大きい。
7. エントリー中に来客があったり電話がかかってくると、超うぜー。
8. 中長期運用していたころは投資家みたいな、カッコいいイメージの気がしたが、デイトレーダーというとギャンブラーのような悪いイメージを持たれている気がする。
 
他にもいっぱいあるかもしれないし、これはあくまで僕の場合はこんな感じというだけの話だ。だけど、僕は中長期のスタイルからデイトレーダーへと転身したんで、両者のメリット、デメリットというのはよく解かるつもりだ。
 
 
それを踏まえて、もしも全くの初心者が株式投資を始めるとしたら中長期とデイトレードとどちらが勝ちやすいかと聞かれれば、
 
 

出来るだけ早くに結果を出したいのであれば間違いなくデイトレードだ。

 
 
何故なら、これは僕のブログで何度も言っていることなんだけど、デイトレで稼ぐには90%の度胸と10%のアイデアで十分勝負できる世界なんだけど、やはり中長期で運用するとなると、90%の専門的な知識や分析力と10%の忍耐だ
 
 
普通に考えて、短期間で専門的な知識や分析力を身に付けるのはかなり難しい。
 
 
実際、僕はポートフォリオを組んでいた銘柄は色々調べたり、或いは決算発表説明会なんかも出来るだけ社長の考えを理解しようと努めて見ていたしで、しかも規模が大きくなればなるほど財務状況なんかを把握するのも難しくなる。
 
 
 
それに、多くの個人投資家は資金も少ないことから株価の安い銘柄(一般的に経営状態が悪化しているものが多い)を狙ったりして、しかもそれが買ったときよりも下がっていると買値に戻るまで持ち続けたりするからね、そういう場合は特に危険だ。
 
 
 
あくまでこれは僕の個人的な意見なんだけど、結局、どっちが良いのかは人それぞれだ。
 
 
 
それは知識や才能といった部分以外に、やはり性格もあるし、人生設計とかの計画によっても違う。
 
 
 
例えば僕は、今後、デイトレだけでは扱いきれないくらいまで投資資金が増えたとしたら、僕は(9434)ソフトバンク株式会社(8306)三菱UFJフィナンシャルグループとか、倒産リスクが少なくて配当利回りが高い銘柄にドルコスト平均法を用いて投資をしていくだろう。
 

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中