人が人を助けるのに不平等なんてことないだろ!「ZOZOTOWN前澤社長、おうちゃんを助けたい」

今朝のサンデー・ジャポンで、またまたZOZOTOWN前澤社長のツイートが話題になっていると報じられていた。

今回はどうやら、

 

「3歳のおうちゃんを救いたい。この活動を多くの人に知ってもらえるよう、このツイートをRTしてください。僕の個人的な寄付に加え、みなさんのRT1件につき10円を付け加え寄付します。皆さんのRTパワーで寄付と情報拡散にご協力ください!」と投稿したところ、リツイートは48万件超、いいねも14万件以上も集まったらしい。

 

おうちゃんを救う会の募金活動はテレビでも取り上げられていたんで多くの人は知っていると思うが、念のために少しだけ説明しておくと、1月13日(日)同番組で放送された、「拡張型心筋症」で闘病中の上原旺典くん(以下、おうちゃん)とその家族の特集が放送されていた。

 

おうちゃんは生後8ヶ月頃にこの症状を発症して以来、ずっと入院をしたまま外の世界を知らずに3歳の誕生日を迎えたそうだ。

 

心臓移植に必要な金額は3億5000万円とのこと。

 

前澤氏は同番組を見ていなかったものの、たくさんの人からおうちゃんの話を聞いて急いでいろいろ調べたところ、これは大変だとすぐさま行動に移ったらしい。

 

ふーん、相変わらず素晴らしいじゃないかと思っていたら、今回の前澤氏の行動に対して一人だけの命を救うのは不平等だといった批判の声も多かったとか。。。

 

ハッキリ言って、バカじゃねーの!救えねー奴らだなと思ってしまう。これには同番組に出演していた壇蜜さんが僕と違ってキレイな言葉でコメントをされていたが、

 

色んな意見もあると思うが、前澤社長が救える命の数っていうのはもしかしたら限られているかもしれない。けれども、その活動を知って篤志家の方とかボランティアとかボランティアの輪が広がるっている可能性は無限だと思う。(略)

というような内容だった。全くその通りだと思う。

 

実は先日、僕も銀次郎(トイ・プードル)の散歩をしていたら、溝に落ちて身動きが取れない婆さんを見つけてしまった。

 

見つけた時は、げ!!!(想定外の状況に出くわすと、何がどうなってるのか状況が理解出来なくなるわ)と思ったんだけど、瞬間的にヤバイ!と思って「おい!生きとるか!!!返事せえ!!!」と声をかけると、

 

「はい・・・生きてます・・・」

 

婆さん、今助けたるぞ!どっか痛いとこあるか?頭打っとれへんか?名前言うてみー!みたいに声をかけながら意識がハッキリしているのを確認して、引きずり上げてやった。

 

で、家どこや?と聞くと、「近くです」「誰もいません」みたいな、答えにならない返事をされるんで、仕方なく救急車を呼ぼうとしたんだけどたまたま携帯を持ってなかったから、婆さんを支えながら通りを走る車に手を振って助けを呼び掛けた。

 

しかし驚くことに、こっちをじっと見て知らん顔してドンドン通り過ぎていきやがる。え?この状況で助けてくれ言うとるのに無視するんか!とビックリしたわ。

 

携帯持ってたら車のナンバー写しといたるところやぞ、ホンマ。

 

今回のおうちゃんの件も同じで、一人だけ助けるのは不平等だとかなんとか、見て見ぬふりする自分を正当化してるだけのバカと、たとえ偽善だろうが売名行為だろうが、実際に行動を起こす人と、さて、どっちが批判されるべきだろうね。

 

これはかつて震災の復興の為にチャリティーでミュージシャンがライブをやったりしたときにも度々売名行為だなんだと批判的な言葉も飛び交ったりしたんだけど、そういう批判をする人たちは一体、誰の役にたってるんだろうね。

 

ハッキリ言って不適切な言葉かもしれないが、僕はそういう「つまらない人間」が大嫌いだ。そういう人たちに対して言いたいことは、

長尾
小学校の道徳からやり直してこい、ボケが!

 

もちろん、寄付をしろと強要するつもりもない。確かに、一人だけではなく、困っている人を助けていてはキリがないというのも解る話だし、僕だって自分の欲しいものを全部我慢してまで寄付をしたりしているわけでもない。

 

しかし、助けられる範囲で助けたいという気持ちはあるし、偽善上等で税務調査が入った時の心証を良くする目的で寄付も続けている。正直、寄付が出来る自分の環境にも満足している。寄付ってのは、僕は相手を助ける為というより、自分の自己満足の為に行っているというのも正直なところだ。

だけど、何もやってない人よりはマシだと思っている。

 

今回は前澤氏の行動に感銘を受けたから、僕もYahoo!JAPANネット募金で少額だけど寄付をしたし、妻は前澤氏のリツイートをして貢献してたみたいだ。

 

まぁ、前澤氏ほどになればそこいらの批判なんかは気にもしないだろうが、中には、どーせ何したって批判されるだけだしなーなんて気持ちになる人もいるかもしれない。

 

だから僕は、寄付が出来る人は寄付をすれば良いし、そうでないなら寄付をしている人の邪魔をするなと言いたいだけだ。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。