ビットコインは今買いか?

先週あたりからビットコインを含む暗号資産(仮想通貨)が全体的に少しざわついてきていたので気にしていたところ、昨日の午前中に多くの通貨が上に少し跳ねたようだ。

その後、午後に入ったあたりからまた急落して値を消してしまったものが殆どなんだけど、僕が注目しているコインの中ではイーサリアム、リップル、ステラは辛うじて高値圏を維持している感じだ。

 

今ビットコインは買いか?

 


今回の上昇はまだ小さい方で僕からすれば誤差の範囲と言える程度なんだけど、割と話題に上るようになってきたので今日は今、ビットコインは買いなのかについて僕の見解を述べてみたいと思う。

 

先ず結論から先に言うと、ビットコイン、イーサリアムに関しては買いだ。

 

但し、これから暗号資産(仮想通貨)を初めて買うという人には、全力で買うことはお勧めしない。

 

何故なら、暗号資産というのはボラティリティが高くて、買った価格より大きく値下がりすることも珍しくないからだ。

 

だから今現在、ビットコインを持っていない人がこれからビットコインを買いたいと思っているのなら、僕からのアドバイスは2つある。

 

ビットコインは現物で買うこと(FXはやらないこと)

 

その理由はさっきお話しした通り、ボラティリティが高すぎてロスカットにかかる危険性が高いことと、もう一つは中長期の保有が望ましいと思っているからだ。

 

ビットコインに投資をしたい金額全額を一度に買わないこと。

 

これもボラティリティが高いという理由もあるんだけど、本当の理由は、ハッキリ言ってこの水準(2020年8月3日現在価格約118万円)から買うのはもう遅いからだ。

 

しかし、さっき僕はビットコインは買いだと言ったんだけど、大事なのは買い方だ。

 

どういうことかというと、僕はビットコインの理想的な平均取得単価は80万円前後までと考えているんだけど、それはローリスク・ハイリターンが期待できる水準がそうだという話で80万円以上が割高というわけではない。

 

だからと言ってじゃあ80万円まで下落するのを待っている間に、大きく上昇するかもしれないししないかもしれない。その為、僕はこの水準から買い始めるのであれば次の2つの方法で買うべきだと思う。

・ドルコスト平均法を用いて買う。

・50%を今買っておき、残りの50%は下落した時に買い増し。(平均取得単価が100万円以下になるようにしておく。)

 

そうすれば仮にこのまま下がらずに大きく上昇したとしても、ある程度の利益は十分見込めるし、逆に大きく下がれば買い増しをして平均取得単価を下げることが出来るので、僕ならそういう作戦を取る。

 

因みに2週間ほど前(7月14日)、僕はビットコインを少し買い増ししたというお話をしているんだけど、ここにその2番目の買い方をしていることも記しているので参考に。

コロナショックで貧富の差は益々開き、資産家たちの間ではカネ余りの状態が続いている

2020年7月14日

 

僕はビットコインは長期保有が望ましいと考えている

 

但し、これには考え方が僕と同じでなければ意味が無い方法になるんだけど、僕の見解では将来的にビットコインは少なくとも300~400万円には到達するだろうとの考えから長期保有が望ましいと考えているので、そうではなく値動きのキャピタルゲインを狙いたいという場合は、先の僕の投資方法は向かないと思う。

 

実際、ビットコインの短期売買で物凄い利益を上げている人も沢山いるんで、そういうトレードがしたい場合は僕のアドバイスではなく、実際にトレードで稼いでいる人のアドバイスを参考にした方が良い。

 

僕の場合は、ビットコインは長期保有目的の資産と考えているんで、必要以上の売買は出来るだけしないようにしている。

 

僕がビットコインの短期売買をしない理由は2つ

 

・ビットコイン等の暗号資産(仮想通貨)は雑所得扱いで、税率が累進課税。

・損をした場合には翌年以降に損益通算が出来ない。

 

 


これは短期売買の物凄いデメリットになるよ

 

 

そういった理由から、僕はビットコインでのトレーディングはやっていない。

 

因みにこういう買い方は僕が株式投資のデイトレードに転身する以前、株式投資の中長期運用をしいた時も大体同じような買い方(さっきの2番目の方法)をしていた方法だ。

 

僕のブログは主にデイトレの記事が多いんだけど、そのデイトレの方法は今日お話しした方法とはまるで違ったものだというのも参考にして頂ければと思う。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中