大事なのは一回一回の成績ではなくトータルだ

よく、同値撤退という言葉を目にするんだけど、僕は少しそこに違和感を感じることがある。

 

どういう時にそう感じるのかというと、ポジションに対して不利な方(例えば買いポジションに対して株価が下がって含み損だった場合とか)から買値まで戻ってきたから撤退したとか、買値に戻ったら撤退するというのは、あまり意味がないことだからだ。

 

何故なら、それでトレードを終わりにするのではなく、どうせまたトレードするのだから別にそのトレードの勝ち負けなんかは気にする必要がない。

 

いくら利益をだしたか、いくらのロスカットで抑えられたかという内容が大事

 

例えば、僕はこれだけトレードの負けが続いていてもどうして毎日システム通りにトレードをするのかというと、その日の勝ち負けではなく、いくら利確した、いくらロスカットになったという内容だけを重視しているからだ。つまり利確が1万円多いのも、ロスカットが1万円少ないのも同じ1万円の儲けと考えているので、勝った日でも利益を1万円逃せばそれは残念だと思うし、逆に負けた日のロスカットが1万円少なければ上出来だと考える。

 

だから僕はシステムの調整をかけるときに、利益を伸ばす為に利確ポイントや判定の見直しをするだけではなく、ロスカットポイントや判定の見直しをすることもある。これは、僕のトレードは勝ったり負けたりしながら、最終的には確率通りに収束していくということを前提にしているので、ロスカットトータルを減らすことがトータル収益の上乗せに繋がると考えているからだ。

その結果、僕のシステムの成績は最近悪化しているものの、検証期間含む本日までのトータル結果ではこんな感じになっている。

一回一回のトレードの成績は重要視しない

 

もちろん、一時的には悪化することもあるし、逆に上振れすることもあるんだけど、結局、大事なのは一回一回の成績ではなくトータルだ。そして特筆すべきは、ベンチマークに対してボラティリティが低く(振れ幅が小さい)て安定しているという点だ。これは何故かというと、一回一回のトレードの勝敗に拘った仕様ではなく、1円勝つのも1円負けを少なくするのも同じ1円の利益という考え方で作っているからだ。

 

だからその一回のトレードでの負けを無くしたいがために同値撤退するというのは、僕は違和感を感じるということだ。因みに、じゃあ僕は同値撤退はしないのかというと、する場合もある。しかし、多くのトレーダーと違うのは、僕は評価損だったものが買値に戻った場合には同撤退はしない。

 

僕が同値撤退する場合は、利益を狙い過ぎて買値にまで下がってきてしまった場合(含み益がなくなってしまった場合)のみ撤退することもあるということだ。

 

イメージ的には、攻められていたものが盛り返してきた場合は攻撃に転じるけど、攻撃していたものが押し返されてきた場合には撤退するという感じかな。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中