LINE株式会社から定時株主総会の案内とLINE Clova製品プレゼント申し込み書が届いた。

確かLINEは株主優待の情報が無かったはずなんで何も期待してなかったんだけど、株主にはClova WAVEかClova Friends Dockのどちらか欲しい方をもらえるそうだ。

 

我が家はAmazon Echoが3台ある(内、1台は僕のデスクに置いている)からハッキリ言って必要ないんだけど、折角なんでClova WAVEをもらって使い比べてみることにした。因みにClova Friends Dockは赤外線リモコンらしく、別売りのClova Friendsシリーズが必要なんだって。到着したらその感想などをまた紹介すると思うので、興味があればお楽しみに。

 

さて、こういうプレゼントはオマケで本来大事なのは議決権行使の方だ。と言っても僕はLINEを本命にしてはないんで、議決権行使個数はほんの数個しか持ってない。それでも一応株主として僕は出来るだけ議決権を行使している、WEBで簡単に出来ちゃうしね。

 

因みに一応というのは、僕は基本的にどの議案にも賛成するし、既に株を売ってる場合は議決権を行使しないからだ。特に大きな理由はないけど、そんなに賛否の議論が展開されるような問題のある会社の株は買わないし、売った会社の議案にあれこれ言うのも何だか違う気がするんで。でもまぁ、僕の持ってる議決権行使個数なんて、たかが知れてるから結果に影響を与えるもんではないんだけどね。

 

それでもだからと言って放ったらかしにしたり適当に議決権を行使したりしていると、たまたま僕のそういう姿を見た人が同じようにするのも良くないしね。

 

そもそも株式投資なんてのは上がるか下がるかの丁半博打ではなく、その会社の将来性とかビジョンとかに魅力を感じて株式を保有する(株主名簿に記載される)わけだから、いくら自分の議決権が大した影響を持たないとしても、やはり真剣に会社を運営している経営陣に対しての株主としての責任を果たすみたいな感じかな、ただの自己満足とも言えるけど。

 

ちょっと大げさな言い方になってしまったけど、実はこれって実社会でも同じようなことが色々あるんじゃないかな。

 

例えば僕は分譲マンションを買っているんで定期総会と臨時総会があるんだけど、これも株主総会と基本的な流れはほぼ同じだ。

 

理事会の役員さんたちが一生懸命に色んな議案をまとめてくれたり運営報告などをしてくれてるのに対して、組合員(この場合は区分所有者をいう)が無断欠席したり、議決権の行使もしないなど無責任なことばかりをすると総会承認に必要な議決権数が集まらず流会になってしまうこともある。これさ、僕が理事会の役員をやってたら、もうやる気なくしちゃうよね。

 

そういう悪循環にもなり兼ねないわけよ、「自分ひとりくらい」という無責任の集まりが原因で。

 

或いはもっと身近なところで言うと、最近はゴミのポイ捨ては殆どなくなったと思うんだけど、これも一人一人の意識が改善された結果だ。「自分一人くらい」でポイ捨てをすると街はドンドン汚くなるし、逆に自分はゴミを持ち帰ろうという意識の集まりが日本からポイ捨てがなくなった理由じゃないかな。

 

まぁ、早い話が影響力があるからやるとか影響力が無いからどーでも良いというのではなく、最終的にはどういう結果になったとしてもそこには自分の意思が反映されているってことだわ。よく、自分は反対したんだから関係ねーよ!とか、好きにしたらいいじゃん!
みたいな投げやりな人がいるけど、それは違うと思うな。

 

もちろん僕もそんなに人間が出来たわけではないけど、例えば英国のメイ首相なんかは立派な人だと僕は思う。

 

何故なら、テリーザ・メイ氏(この時は首相就任前なんであえてそう呼ぶ)は2016年6月23日のEUを離脱すべきかどうかを決めるための国民投票で残留派だったのにも関わらず、離脱派だった前ロンドン市長ボリス・ジョンソンが同年イギリス保守党党首選挙には名乗りを挙げなかったことから、保守党党首に選出されたテリーザ・メイ氏が新首相に任命されてEU離脱に向けての指揮を執ることになった。

 

その時のテリーザ・メイ氏の表明が印象的だったんだけど、「英国はEU離脱で決まった。私たちは成功させる。」と、国民投票の結果を受けてEU離脱を遂行させると言明したことだ。

 

厳密には、テリーザ・メイ氏は基本的には欧州懐疑派の政治家とみなされていたらしいが、
国民投票ではEU残留に投票することを表明したものの残留のキャンペーン展開には消極的だったようだ。それでも自分の意思(残留)とは違った結果になったものの、
それが国民の意思ならばと尽力を尽くすことになったわけだ。

 

解るかな、僕が言いたいこと。

 

影響力の大きさなんかは大した問題ではないんだよ。それよりも自分はどうしたいのか、どうするべきなのか、それが大事だって話だわ。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。