運が悪いというだけなら、継続さえすれば勝つことは出来る。

新しいシステムに以降してからまだ10営業日ほどしか経っていないが、早くも連続負け回数は記録更新となり、最大ドローダウンの記録まで更新されそうな状況になっている。これはもう運が悪いとしか言いようがない。もしくは僕の分析が甘かったか、そのどちらかだ。

 

僕の分析が甘くて作ったシステムがボロイのなら僕の負けだ。しかし、運が悪いというだけなら、継続さえすれば勝つことは出来る。

但し、何年も負け続けて継続することは出来ないので、株式投資で勝つ為には優れた戦略だけではなく、それプラス不運に勝つ力が必要なのかもしれない。

 

さて、僕にはその不運に勝つ力があるかどうかだが、それ以前に僕のシステムが本当に勝てるものなのかどうかという問題もある。とは言え今更そんなこと考えても仕方がないし、株価の予想なんかするのも時間と労力の無駄だ。

 

それよりも僕は、過去の検証データから得た理論通りの株価(システム通り)で注文を通し続けることだけに集中することにする。不運に勝つ方法と言ったら、それしか思いつかないしね。

取り合えず今日は最大損失が-58万円くらいまで膨らんでいたんだけど、何があってもシステム通りの注文を通し続けた結果、最終的に負けはしたものの約-19万円まで抑えることが出来た。

 

しかし、過去の検証データの蓄積は面倒臭いだけで簡単に出来るけど、実績データの蓄積は忍耐が必要だなぁと改めて思った。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中