僕が売った後の株価がどうなろうが僕の利益には影響ない

今日の利益は約13万円と少ないものの、ロスカットラインまで紙一重というところまで迫ってからの切り替えしだったのでラッキーだった。

 

 

実際、過去にはロスカット入ってすぐに切り返されて利確ラインに到達なんてことも何回かあったし、その逆もまたしかりで、先にたまたま利確ポイントに到達したものがその後ロスカットラインまであっさり下落したりしたこともあるんだけど、そういう経験は誰しもしていることだろう。

 

そういう時、とても悔しがったり、或いは大喜びしたりする人は少なくないと思うが、僕は精算した後の株価がどうなろうがあまり気にしないようにしている。何故なら、僕が売った後の株価がどうなろうが僕の利益には影響ないからだ。

 

 

当たり前のことだけど、そういう風に割り切ることはとても難しいことだと思う。とは言っても、僕もそう言えるようになった理由はシステムトレードをしているからなんだけど、逆に言えばそういう考え方が出来なければシステムトレードは出来ないとも言える。

 

 

以前、大体の人がシステムトレードをすることは出来ないというお話をしたことがあるんだけど、その一番の理由はシステムからロスカットのサインが出たのにロスカットをしなかったり、或いはエントリーのサインが出ていないのにエントリーしたりとか、何かしら言い訳しながらシステムのサイン(ルール)を守らなくなるからだ。

 

 

しかし、システムトレードをしている僕からすると、今の僕はイレギュラーが生じたりしてシステムのサイン通りのエントリーになっていない時にはとてもプレッシャーを感じてしまう。その理由は、株価の予想は誰にもできないということを嫌と言うほど思い知らされているからだ。

 

例えば上昇し始めた株価はどこまで上がるか解らないし、下落し始めた株はどこまで下がるか解らない。結局、時間が経った後にあそこが天井だったね、ここが大底だったねということになるだけで、そんなものを後から指をくわえて見たところで1円の得にもならんしね。

 

 

だから僕はシステムを使って、過去のデータから最も確率が高いところで決め打ちをして利確したりロスカットを入れたりしているんだけど、それがピンポイントで天井や大底を当てるなんてことは殆どない。

 

それよりも、最も確率の高い美味しい部分だけをしっかり抜く、これが僕のシステムのコンセプトなんで、精算した後の株価(確率の低いゾーンの株価)がどうなろうが興味はないということだ。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中