一番の失敗は一番大きな損失を出したことではなく、一番大きな利益を狙わなかったことだ。

昨日、妻から利確ポイントの少し手前で反落してロスカットになると悔しいか?と聞かれたので、悔しいのは悔しいが、それは確率の問題で仕方がないことだと割り切っていると話した。

今回は、僕のこれまでの投資の中で一番失敗したと今でも悔んでいることについてお話をしようと思う。

 

これまでの投資の中で失敗しり損したりしたことは沢山ある。

 


利確ポイントにほんの数円届かずに反落してロスカットにかかったりしたこともあるし、逆にロスカットがかかってすぐに切り返されて利確ポイントを大きく上回るほど株価が上昇したことも何度もある。

 

或いはロスカットが遅れて何百万という損失を出したこともあるし、若い頃には株式投資の世界から退場させられてしまう損失を出したこともある。

 

そのくらい僕は失敗や損失を沢山出してきた代わりに、当然、逆もしかりだ。

 

これまで僕は色んな投資をしてきたけど、今の時点で一番大きく稼いだのはビットコインだし、確定利益だけではなく含み益も抱えているので、一番成功した投資だったともいえる。

 

実際、僕がビットコインを一番最初に買ったのは2017年2月頃の1枚12万円くらいのころに300万円分くらい買っていた。

 

一番失敗した投資というか、今でも悔んでいる投資も、実はビットコインだ。

 

どういうことかというと、僕は当時industry4.0(第四次産業革命)の中でも特にフィンテックに興味を持っていて、当時はフィンテック企業の株式ばかり買っていた。ところが、色んな情報を取集しているうちに、ブロックチェーンというものに辿り着いた。

 

そしてその代表ともいえるビットコインを徹底的に調べたところ、最低でもビットコインは80万円以上(当時は12万円)には上昇するという独自の考えに至った。その考えに僕は物凄い自信があったので、フィンテック関連の現物株を全部売却してビットコインを買い始めた。それが僕がビットコインを12万円くらいの頃に300万円分買った経緯だ。

 

だけど、これを僕は今でも悔んでいるんだけど、何故ならそれは全力買いではなかったからだ。つまり、勝負をしなかった。めちゃくちゃ自信があったのに勝負をしなかったことが、僕のこれまでの投資の中で一番悔んでいることだ。

 

そしてもう一つ、これもやはりビットコインになるんだけど、コロナショックで僕のポートフォリオは物凄いダメージを受けた。当然、ビットコインも大暴落してしまったんだけど、僕は事前に万が一ビットコインが50万円まで暴落することがあれば、今度こそ全部の資金をビットコインに入れようと考えていたのに、いざとなるとそれをしなかった。

この二つが、僕のこれまでの投資の中で一番の失敗であり、悔んでいることだ。

 

つまり、僕の中では一番の失敗は一番大きな損失を出したことではなく、一番大きな利益を狙わなかったことだ。

 

僕は今、ネム(XEM)を買い集めている。

 

今の時点で大体400万円分くらいは買い集めたんだけど、あと140万円ぶんくらいの現物株を売却して更に買い増しする予定だ。

 

大体、500~600万円ぶんくらい買うことになるんだけど、これもビットコインを一番最初に買ったときと状況は凄く似ていて、仮に損をしたとしても最大損失は約300万円ほどだろうと想定しているんだけど、上手くいけば利益は少なくとも500万~2600万円くらいは狙えるんじゃないかと考えている。

 

つまりビットコインを一番最初に買った時と同じように、ローリスク・ハイリターンが狙える状況だということだ。

 

但し、本命はあくまでビットコインなんで今回はビットコインの精算はせずに、保有している現物株や預貯金などでの全力買いを目指している。

 

その結果もまたここで紹介していこうと思う。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中