11月の結果

11月の株式投資結果は、+255,094円だった。

システムトレードをしていた頃に比べると見劣りするような結果だが、月の利回りは約8.5%だったので悪くはない数字だと思う。

しかし保有銘柄は含み損を抱えているものもあるので、精算したものばかりの結果を見たところであまり意味はないと僕は思っている。

 

要は評価資産、時価総額が増えたか減ったか、それが一番大事なことだ。

 

それを踏まえて再度11月度を見直してみると、株式投資で運用している資金、つまり楽天証券口座の評価額の増減は-48,553円となった。

 

あと、僕は10月から株式投資で運用していた資金の殆どを仮想通貨(暗号資産)の方に振り替えて運用しているので、そちらの方は+11,875,634円(11月30日17:54現在)の増加となった。

 

とは言え、ビットコインはまだまだ値動きが激しいので一晩で2~300万円くらいは普通に増減したりするため、明日になれば300万円ほど評価益が減っているかもしれないし、逆もまたしかりだ。

 

特に僕の場合は一点集中で仮想通貨(暗号資産)勝負に舵を切っているんで、その変動幅がかなり大きいことは覚悟している。それでもまぁ、月末の評価というのは一つの成績表みたいなものなので、自分の運用実績を見つめ直して反省することもあるし、結果に満足することもある。

 

今回の投資結果に対する僕の感想は、ほぼ計画通りということで概ね満足だ。

 

株式投資に関しては良い成績ではないものの、本来は仮想通貨のXEM勝負に出たので株式投資の目標としては資金を減らさないことと、チャンスがあれば勝負するということを考えていたのに対し、概ね、納得のいくトレードが出来たということだ。

 

またビットコインはガチホという目標もクリアしたし、XEMを最低40万枚以上買い集めるという目標もクリアした。

 

トレードをしていると、ついつい自分の考えを貫けなかったり、信用余力が気になってロスカットに逃げたり或いは勝負しなくちゃいけないところで日和ったりなんてことはよくあると思う。今回も僕は、自分が正しいと思うトレード(投資)をするという一点だけを心に刻んで、それを粛々と実行出来たと満足している。

 

特に今月は内容だけではなく結果もついてきたんで、十分満足のいく一ヶ月だったと思っている。