大本命のビットコインは初の2万ドルを突破してきたし、勝負しているXEM(ネム)も良い感じに上げてきている

久し振りの投稿になるが、12月は殆どトレードをしてなくって大きなロスカットをしたのとちょこちょこ仕込みをしている程度で、現在のところの12月の実現損益は-551,277円、評価額は前月比-39万円くらいと、ぱっとしない成績だ。

 

それと、仮想通貨(暗号資産)の方も売ってもないし買ってもないので実現損益は無く、評価益が増えたり減ったりしながら順調に増加中。

 

もう大分話題の上るようになってきたが、僕の大本命のビットコインは初の2万ドルを突破してきたし、勝負しているXEM(ネム)も良い感じに上げてきているので仮想通貨の方は全体で前月比+680万円くらい(詳しい数字はまた今月の結果でお話しする予定)といった感じだ。

 

ビットコインが僕の中では大本命だと言ってる理由はこちら。

 

今の僕の中での本命はやはりBTC(ビットコイン)だ。

2020年10月6日

ここまでくると、買いが買いを呼ぶ(上がるから買う、買うから上がるの繰り返し)ので、そこそこ大きく上振れすることが予想される。

 

 

年末~年明けにかけて一旦は大きく下げる場面があると予想している。

 

その理由は、米国の多くの会社がビットコインで大きな含み益を抱えているからだ。

 

そして米国企業は12月決算が多いと聞くので、そのタイミングで税金対策の換金売りが出るのではないかというのが僕の予想だ。だからと言って僕は基本的には売る気はないが、もしも150万円を下回るようなことがあれば少しは買い増しを検討すると思う。

 

 

下がらんかもしれんけどね。

 

それはそれで、飛んでけー(^▽^)bという感じ。

 

それよりも気になるのが、XEM(ネム)が年初来高値を更新するかどうかだ。

 

基本的にはスナップショットを受けるつもりでいるが、それでも価格が上昇してスナップショットを受けるのと、上がらずに受けるのでは先高期待感も全然変わってくる。

 

XEMの動きはずっと監視しているけど、まだ素人が入ってきている様子はないというのが僕の見解だ。

 

つまりまだ冷静さを保った取引しかされていないので、ここから2倍、3倍は十分狙えると思っている。