今のXRPには何の魅力も無いし、むしろリスクの塊

どうやら少しずつ個人のFOMO(取り残されることへの恐れ)がビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)市場に漂ってきたようだ。

とは言っても、2017年のようなバブルの様相は見えないものの、アルト市場では少し過熱感が高まってきた気はする。

 

特に僕が気になるのはXRP(リップル)の急反発だ

 

ハッキリ言って今のXRPには何の魅力も無いし、むしろリスクの塊と言っても良い程、僕からすれば草コインと同じレベルだと考えている。

 

XRPが大きく下落した理由は誰でも知っていると思うが、SEC(米国証券取引委員会)がXRPの発行元であるリップル社を提訴したことを受け、米国内の大手取引所が相次いでXRPの取引・サービスを停止する発表をしたことが原因だ。

 

つまり、今、XRPを買う理由は、SECの主張が却下されるか和解するかの収束を期待したものだと思われるが、ツイッターなんかを見る限り「ぬおーーー!」とか「ぐへーーー!」とか「リップルちゃん、頑張れ頑張れ!」みたいな、ただのお祭りみたいな感じになっている。

要は、特にXRPには狼狽を引き起こす可能性が最も高い経験の浅い資金が大分入ってきているのではないかというのが、僕がそろそろ一旦の天井圏が近いかもしれないと警戒している理由だ。

 

但し、今回のビットコインの上昇相場については、仮にアルト市場(ビットコイン以外)が大きく崩れたとしてもビットコインが受ける影響は限定的だと考えている。

 

イメージ的な話をすると、こんな感じだ。

 

アルト市場が大暴落

   ↓

個人が狼狽売り

   ↓

個人投資家が多いビットコインFXにも影響が出る

   ↓

ビットコインの現物市場にも影響が出る

   ↓

個人の投げ売りをヘッジファンドや大手企業などが買う

 

 

という流れが僕のシナリオだ。

 

と言っても、ただの予想なんで当たることもあれば外れることもある。

 

いや、寧ろ予想なんかは外れることの方が多いもんなので、僕は機械的に50万円上昇すれば保有枚数の1~2%を売るし、売り値から50%程度下げれば同枚数買い戻すという作戦を取っている。

 

売る枚数が少ないのは、中長期的にまだまだビットコインは上昇を続けると考えているからだ。

それに元金は十分回収しているし、仮にまた100万円くらいまでの大暴落が起きれば喜んで買い増しをす。でも、その水準にまで下落することはもうないだろうけど。

 

しかし、絶対ということはないので万が一の場合にも買い増しが出来るよう、買戻しは売った枚数と同枚数に抑えておいて、大暴落をしない限りは少しずつ利益を残しながらも保有枚数を維持して高値を追い続けるし、大暴落が起きれば保有枚数が増えるというのが狙いだ。

 

それに株式投資では年末に「損出し」が行われるのと同様、仮想通貨は雑所得になるので少しずつ「益出し」をしておかないと、一気に売却したら税金がエライことになるしね。

 

因みに、僕が今現在保有しているコインはBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XEM(ネム)が殆どで、後は過去の残骸程度にXRP(リップル)やBTH(ビットコインキャッシュ)があるくらい。

 

しかし、値動きで特に気にしているのはアルトコインの過熱感だ。

 

暴落はアルトコインからやってくるというのが僕の経験上の教訓だからだ。