僕がXYMにまあまあの金額を突っ込んで勝負をしている理由

先日、AllnodesでXYMのハーベスト用のノードを建ててみた。

 

ノードの契約内容はアドバンスプランで委任者上限は100人までだけど、僕と僕の会社のアカウントで委任しているから残りは98人となる。

 

今回、僕がAllnodesを選んだ理由は、Bootstrapのアップデート対応や保守・運用を全て任せられるという安定稼働が期待できるからだ。

 

 

しかし、僕は基本的に自分のXYMを運用する目的でノードを建てたのでアドバンスにまでしなくてもベーシックでも良いんじゃないかと結構悩んだのだが、ベーシックとアドバンスは1ヶ月で約$40くらいしか違わないのに対し、

 

帯域幅やサポートの優先度とかはかなり優遇されているようなので、そこはケチらずにしっかりコストをかけることにした。

 

なので、僕にとってはオマケになったのが委任者枠が98人分も空いてしまっていることになった。

 

もし、Allnodesのアドバンスプランのノードに委任したいという人がいれば、僕のノードは以下なので是非どうぞ。

 

xym723.allnodes.me

 

設定の仕方が解らなければ、当然、お手伝いもします。

 

質問はこちらからどうぞ

 

 

もう一つ、正確にはこのノードは僕が個人的に建てたものではなく、僕が経営している会社で建てているノードなので誰が運営しているか解らないという不安は解消して頂けるのではないかと思う。

 

さて、今回は僕のXYMの投資戦略を少しシェアしておこうと思うんだけど、ノードを建てる前と今では少し想定が変わってきていることが一つある。

 

 

ハーベストの頻度がここ数日、急に低下してきているように感じる。

 

ツイッターとかで色々情報収集をしてみると、ほぼ毎日ハーベスト出来ていたような大口のホルダーさんですら、3日くらいハーベストがないという人もいるみたいだ。

 

僕はそこまで大口ではないけれど、それでも委任ハーベストを2週間程度試したところ、1日1回くらいのハーベストが確認できたのでノードを建てることにしたんだけど、ノードを建てたとたんに1回目のハーベストを得るまでに48時間くらいかかってしまった。

 

まぁ、ハーベストは確率ではあるんで多少のムラは出るにしても、色んな投資家の声を聞く限りでは明らかにハーベスト頻度が下がっていると考えるのが妥当だ。

 

これは恐らく、委任ハーベスターがかなり増えてきているからだと考えられるのだが、ハーベストによる利回りもどこまでも下がり続けるということはなく、これも需給のバランスみたいな感じでこれ以下にまで下がるのなら他で運用した方が良いという投資家が多くなってきて、

 

いずれ下げ止まるのではないかと考えている

 

例えば、三菱UFJフィナンシャルGなんかは予想配当利回りが4.15%なので、多くの人たちからすればXYMとかワケの解らん仮想通貨の5%よりはマシだと考えるのが妥当だからだ。

 

しかし、それでもXYMの運用者(ハーベスター)は日に日に増えているし僕もXYMで運用を継続しているんだけど、

 

その理由は今後の価格上昇がかなり期待されているからだ。

 

 

例えば、現在レートは19.3円なので、19.3円で10,000枚(19万3,000円)を購入して運用したとすると、

 

1年後の保有枚数は10,000枚×1.05=10,500枚でレート変動が無ければ9,650円の収益が発生する。

 

しかし、レートが50円に上昇していればハーベスティングによる収益は500枚×50円=25,000円で元本ベースでは約12.9%の利回りになる。

 

そして最初に買った10,000枚の運用元本自体も当然時価が上がるので、そのキャピタルゲインが(50円-19.3円)×10,000枚=307,000円となり、合計で332,000円となる。

 

ここで気になるのが、現在19.3円のものが50円になんかなるのか?と思われるかもしれないが、実は僕の想定レートは100~160円前後と予想している、数年はかかるかもしれんけど。

 

つまり、僕の想定レートで考えれば、現在の193,000円の投資は将来的に807,000円~1,407,000円+複利運用の収益ということになる。

 

もちろん、あくまで予想なので外れるかもしれんけど。

 

但し、ここからが僕の基本的な投資戦略の考え方なんだけど、

 

 

極端な話、今回の投資がめちゃめちゃ大外れでXYMが0円になったとする。

 

 

その場合の損失は最大で193,000円だ。

 

中にはかなりショックを受ける方もいるのではないかと思うが、仮に僕の想定通りになった場合は807,000円~1,407,000円+複利運用の収益なんで、元本の凡そ4~7倍くらいまで狙える。

 

しかも XYMが0円になる確率よりもXYMが想定レートになる確率の方が圧倒的に高いわけだから、こんな美味しいローリスク・ハイリターンの勝負をしない理由はない。

 

仮に100万歩譲ってXYMが0円になる確率と僕の想定レートにまで上昇する確率が50/50だとしても、同じような投資を続ければ理論上は必ずプラスになる。

 

しかも今回の場合は、ハーベスティングという複利運用をしながら価格上昇を狙えるわけだから、かなりのローリスク・ハイリターンの投資になるのは間違いない。

これが、今回、僕がXYMにまあまあの金額を突っ込んで勝負をしている理由だ。