健康も忘れてはならない大事な商売道具

数年前の健康診断で、僕はコレステロールが高いと診断されてから定期的に血液検査と投薬治療をされている。そして今日は三ヶ月に一度の定期健診だったんだけど、今回もほぼ正常値で特に問題なしとのこと。

 

先生は、かれこれずっと正常値で安定しているし、血液検査はお金も時間もかかるから大変じゃないですか?みたいに言ってはくれるんだけど、僕は構わないからこのまま投薬治療が続く限りは血液検査も続けてくれと頼んでいる。

 

何故なら、1回の血液検査にかかる費用は大体1,000円くらいじゃないかな、多分。そしてそれが三ヶ月に一度なら年間4,000円くらいの費用で健康状態が確認できるわけだから、ハッキリ言って生命保険に入るよりも費用対効果は抜群に良い。

 

勘違いしないで頂きたいが、生命保険は必要ないと言いたいわけではない。実際、僕は生命保険もバリバリに入っているからね(笑)

 

但し、生命保険の考え方も一般人のように適当に入っているわけではなく、僕のポートフォリオに見合った内容の生命保険に加入している。つまり、僕にとってはソフトバンクGの株を買うのも生命保険に入るのも、同じ金融商品を買っているだけの話だ。

 

株式投資と血液検査の関係性のお話しをしたいと思う。

こう言うと、血液検査と株式投資って何の関係があるんだ?と思うよね、普通は。実はあるんだよ。

 

例えば、お金を稼ぐ為に必要なものって何だと思う?才能か、知識か、或いは種銭とかね。どれも間違いではないんだけど、そんなものはどーにでもなるんじゃないか?

 

それよりも大事なものがある。それは時間、或いは命とか健康だ。

 

何当たり前のこと言ってんだよ!と思われるかもしれないが、僕からすれば金を稼ぐには命が必要だ!という究極の基本レベルに本気で向き合わない限り、ハッキリ言って小銭しか稼げないと思っている。逆に言うと命さえあれば、大抵のことは何でも出来るよね。

つまり僕はそういう次元で投資をしているし、言い換えれば僕の人生そのものが投資商品だとも言える。

 

だから極端に言えば、僕が三ヶ月に一度の血液検査をしているのは、ほぼ確実に三ヶ月後も生きているという投資情報の一つを得る為でもある。そしてスポーツジムに通って体を鍛えるのも、投資に必要な「健康」という資産を維持するためだ。

 

ま、こんな話をしても響かない人が沢山いると思うから、最後にどうして僕がここまで基本に拘るかを教えてあげるわ。一言で言えば、潜在能力を使うためだ。

 

投資の世界では10人中9人が損をしているというのは以前にもお話ししたが、その理由は知識や能力が無いからではないんだよ。

 

僕の愛読書でもあるマーケットの魔術師の言葉を借りれば、多くのトレーダーが失敗するのは、間違ったときに行うトレードのせいではなく、正しいときにトレードしないからだ。市場予測は正しいが、ポジションを建てない。正しいだけでは不十分だ。正しいときに必ず利益を出す、これが重要なのだ。

そしてもう一つ、正しいことをするのは難しいというのもまた真理である、と。

 

だからこそ、その難しいことでもある「正しいこと」をするためには潜在能力を使う必要があるんだな。言い換えれば、トレーダーが自身の健康を大事にするというのは、一流のスポーツ選手が道具を大事にするというのと同じようなもんじゃないか?

例えば、イチローがグローブやシューズを大切にしているのと同じようにね。投資家の商売道具はお金だが、それだけではない。健康も忘れてはならない大事な商売道具ってわけだ。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。