相場に文句を言う奴は絶対に勝てない

2019年1月3日のフラッシュクラッシュは、どうやら予想通りというか、日本国内の個人投資家はかなりの大ダメージを受けたようだ。

 

そういう投資家たちのYouTubeやツイッター等を見てみると、「ヘッジファンドの仕業だ!」「正月休みを狙うなんてカネに汚ねー奴らだ!」「私は被害者だ」「ウソだろ!?」「ゼロカットされた!」とか意味不明な叫びが割と目立つ。

 

長尾
ハッキリ言って、ただのバカだろ。

 

マーケットでは何が起こっても不思議ではない。

 

トレーダーなら知らない人はいないであろう、ジェームス・B・ロジャーズは、何が起こっているのかよく理解していない多くの人々が市場に参加しているからだと説いている。

 

これだけ有名な人の言葉を知らないというのであれば、もはや投資家ではなく丁半博打を打ってるただのギャンブラーでしかないよね。

 

因みにゼロカットというのは、FXで発生する最大損失額を口座に預けた金額の範囲内に制限するという海外のFX業者が提供しているサービスなんだけど、実はこれが参加者の射幸心を煽っていると僕は思う。

 

何故なら、どんなに大きく損失を出そうが借金を背負うことはない代わりに、参加者も1000倍とかアホみたいなレバレッジをかけて人生の一発逆転を狙った全力勝負(と言っても数万~数十万円、多くて数百万円程度だけど)に出てくる。

 

要はこれまでマーケットに流入してこなかった少額資金を狙ったサービスとも言えるよね。

 

実際、こんな人参をぶら下げられたようなサービスを良いサービスだと勘違いしているのは先に述べた素人が殆どで、キチンとリスク管理をして運用成績をあげている投資家或いはトレーダーはこんな餌に跳びついたりすることはない。

 

もっとも、今回のようなフラッシュ・クラッシュで強制ロスカットが滑って証拠金以上の損失を出さない為だけの利用方法なら資金効率を最大に引き上げることは出来るんだけど(余計な余力を預ける必要がないんで)、素人はどうしても甘い誘惑に負けてしまうよね、もっとイケるんじゃねーの?!みたいな。

 

そんなふうに金に目がくらんだ状態で勝てるほどマーケットは甘くはないよ。少なくとも、僕はそういう失敗をしてきた。

 

例えば10万円も負ければ沖縄旅行くらい行けたのになーとか思ったり、逆に5万円くらい儲ければゲーム機が買えるなーとか、一つ一つのトレードの結果をモノに置き換えて考えていた時期があった。

 

恐らくだけど、素人さんの殆どはそう考えてしまうんじゃないかな。

 

当然、そんな考え方では勝てるはずもなく、僕は大負けしてマーケットから強制退場させられたんだけどね。それから10年以上も経って、僕はまたこの世界に戻ってきてしまった。

 

その理由は、また今度詳しくお話しするけど、お金を儲けるには投資の世界を避けて通ることは出来ないと気が付いたからだ。

 

そして今の僕は一つ一つのトレード成績ではなく、最低でも1年間、自分のポートフォリオを運用していくら利益を出せたのかということだけを考えるようになった。

 

因みに僕のポートフォリオはちょっと複雑なんで、実はこれを相続して残してやることは無理じゃないかなーと考えたのも、このブログを書くことにした理由の一つだ。

 

まぁ、詳しくは追々紹介もしていくんだけど、僕は株式投資だけではなく、太陽光発電や仮想通貨(今年から暗号資産と呼ばれるようになったらしい)、外貨預金、オフショア投資など色んなジャンルへの分散投資でポートフォリオを組んでいるんで、爆上げ爆下げは無い代わりに、ほぼ確実にじわじわと底上げしていく運用の仕方をしている。

 

だから、サラリーマンの平均年収以上の成績は毎年あげられることを最低目標としている代わりに、世間で騒がれてるような「億り人」と呼ばれるようになる可能性はかなり低いんじゃないかなぁ・・・

 

これも以前お話しした、どういった投資手法なのか、どういうトレードスタイルなのかという話なんだけど、僕は超セレブみたいな大金持ちになりたいわけではなく、家族と一緒に、好きな時にいつでも旅行に行けるくらいのお金と時間の両方を手に入れたいと思っているんで、今の運用スタイルが合ってると思っている。

 

このくらいのボリュームでやる方が、どんなに相場が暴れようとストレスも感じないしね。

 

10年前は海外市場の様子が気になって夜中に目が覚めてしまうくらいストレスがかかっていたんだけど、今にして思えばそれは自分の器をはるかに超えた投資だったってことだね。

 

だから僕は、世界中が大暴落しようとも夜は銀次郎(トイプードル)とぐっすり眠れるボリュームでしか投資はしない。

マネーパートナーズの奥山泰全社長もこんなことを言っていた。

 

「資産運用は、絶対にパンクさせてはいけないゲームだ!」

 

株式投資や外国為替証拠金取引等、自分の投資スタイルはギャンブルなのかそれとも資産運用なのか、この機会に是非、見つめ直してもらえれば幸いだ。

 


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

ランキング参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ndustry4.0に非常に興味を持ち、フィンテックからアプローチしています。本業は会社経営、投資家、太陽光発電事業等多岐にわたります。