生き方

生き方

桜田オリンピック担当大臣3分の遅刻で委員会が5時間中断。これは本当に国民の意思を尊重してのことなのか?

2月21日、衆院予算委員会は桜田五輪相が約3分遅刻したことに野党が反発し、5時間以上にわたって中断したとのこと。これに対してメディアでは桜田大臣に対する批判が飛び交っている。もちろん遅刻なんて言語道断、国会を軽視している…